エーモンドの嫁ブログ

FX超超初心者が勝てるようになるまで

ダウ理論って何? 【FXの超入門編】ダウ理論について調べてみた ~6つの基本原則とはⅠ~ ② 

 

こんばんは(^^♪

クロネコキャッツです。

 

今日はダウ理論の6つの基本原則について初心者なりに調べて勉強してみました。

 

【目次】

 

 

 

ダウ理論の6つの基本原則とは?

 

まずは6つの基本原則ですが、以下6つあるようです。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

 

 これだけみても、初心者から言わせると、『トレンド?』『転換シグナル?』となりますね。

 

よくわからないのでひとつづつ見ていこうと思います。

 

 

1平均はすべての事象を織り込む

事象=観察しうる形をとって現れる事柄。できごと。

 

実際の株価は、さまざまな経済状況や政策、自然災害、他国との外交関係など、あらゆるも出来事の影響を受けた結果により決まるんだとか。

市場価格は世の中の出来事が反映されているということでしょうか。

 

チャートには世の中の出来事がすべて反映されているということですね。

 

 

2トレンドには3種類ある

トレンド=FXでいうトレンドとは通貨の流行を表す

 

①主要トレンド(1年以上):1年から数年サイクル

②二次的調整トレンド(3週間から数ヶ月):3週間から3か月

③小トレンド(3週間未満):3週間未満

 

①の主要トレンドは、名前通り『主要』な流れのようです。

②の二次的トレンドは①の調整局面、

③の小トレンドは②の調整局面、

とのことですが、また知らない言葉が出てきました。

「調整局面」とは、景気や投資、生産などの動向・活動が上昇を続けた後、その勢いが停滞したり、下降に転じること。また、慢性的に低迷した状態にあること。だそう。

 

これら3つは独立してるのではなく、交じりあって捉えられているようです。

 

チャートが斜め上にいくグラフだけではないのはこのためでしょうか。

 

 

3主要トレンドは3段階からなる

 

買い手の動向により3つの段階に分けられるそう。

 

1 先行期:市場価格が下落している中、エキスパートの投資家底値買いをする時期。

価格は、下落しているか底値圏で上下している。

2 追随期:市場価格の上昇を見てプロの投資家が買いを入れる時期。

そのため価格は、上昇する。

利食い:価格が充分に上昇したところをが注目され一般の投資家が買いをいれる時期。

価格は既にその前から上昇しており、その上昇する値幅は小さくなっている。

先行期に買いを入れた投資家が売りにだすため大きい下落も見られる。

 

なるほど。先行期に買いを入れられる投資家の方達はすごいですね(゚д゚)!

 

 

4平均は相互に確認されなければならない

ここでいう「平均」がどの平均を指してるか分かりません。

なので早速調べてみました。

 

調べてみると、ダウ理論での平均とは、工業株平均運輸株平均のことを指すみたいです。

工業生産の好調・不調が運送業の経営に影響したことが原因だとか。

工業の景気が良くなれば、物資を運ぶ運送業は盛んになり、逆に工業の景気が不良に陥れば、そのダメージをうけ運送業も不良に陥るということでしょうか。

 

一つだけを見るのではなく、両方の指標を確認しなければ分からないということかなと捕らえました。

 

 

5トレンドは出来高でも確認されなければならない

 ここでまた初心者には知らない言葉「出来高」。

出来高」とは売買が成立した株数の事を表すようです。

 

トレンド出来高で確認する。

つまり、本格的な通貨の流行が発生した時売買が成立した株数が多くなるかということを確認する。

ということかと思います。

 

 

6トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

「転換シグナル」:物事の傾向が今までと別な向きに変わるサイン

つまり

トレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。

そのままですね。

 

 

ダウ理論について一通り調べてみましたが、分かったようでわからないような。

初心者だとダウ理論だけを調べてもなかなかイメージがつかないなと感じました。

 

 

 次の課題は何でしょうか…

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。